ORACLE

Linux

Oracle Database sqlplusからOSコマンドを実行する方法

sqlplusプロンプト上からは通常だとSQLを発行すると思いますが、OSコマンドを実行する方法があるので紹介します。
ORACLE

Oracle Database AWR入門

Oracle Databaseの性能を分析する際に便利な機能として使えるのがAWRです。性能分析はとても奥が深いのですが、とても面白い分野でもあります。今回はAWR入門として、AWRとは何かを紹介したいと思います。
ORACLE

Oracle 自動メンテナンスタスクの設定と確認方法

Oracle Databaseの自動メンテナンスタスクは、データベースのメンテナンスを自動的に実施してくれる機能で、統計情報の取得、SQLチューニング分析、セグメントアドバイザがあります。これらの自動メンテナンスタスクの確認方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database SQLの実行計画(プラン)の確認方法

Oracle DatabaseでSQL性能を確かめるために必ず見るのが実行計画です。今回はSQLの実行計画の確認方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database SQL_IDの確認方法

プランや性能情報を取得したい時に必要になるSQL_ID。SQL実行からSQL_IDを特定する方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database スケジューラジョブの実行時間確認方法

Oracle Database上でスケジューリングしたジョブを実行した後、どれくらいの時間でジョブが完了したか気になることがあると思います。今回は、ジョブの実行開始時間と実行時間を確認するSQLを紹介します。
ORACLE

Oracle Database リスナーの起動方法と確認方法

リスナーとは簡単に説明すると、Oracle Databaseサーバーに常駐しているプロセスで、クライアントからDatabaseへの接続依頼がきた時にDBサーバに接続要求を引き渡すプロセスです。
ORACLE

Oracle Database のバージョンとエディションの確認方法

Oracle Database のバージョンとエディションの確認SQLを紹介します。
ORACLE

Oracle Database セッションをkillしても残るOSプロセスを探す方法

oracleに接続しているセッションをkillしても、V$SESSIONのステータスが[KILLED]になるだけで残り続けることがあります。 今回はセッションの特定からOSプロセスのkillまでの対処を紹介します。
ORACLE

Oracle Database 初期化パラメータが劇的に見やすくなる V$PARAMETER2

初期化パラメータを確認する際は、show parameterコマンドか、動的パフォーマンスビュー V$PARAMETER を検索しますが、これだとひとつのパラメータに対して複数の値が入るものはカンマ区切りで出力されます。そこで今回は V$PARAMETER2 を紹介したいと思います。