ORACLE

ORACLE

Oracle Database セッションをkillしても残るOSプロセスを探す方法

oracleに接続しているセッションをkillしても、V$SESSIONのステータスが[KILLED]になるだけで残り続けることがあります。 今回はセッションの特定からOSプロセスのkillまでの対処を紹介します。
ORACLE

Oracle Database 初期化パラメータが劇的に見やすくなる V$PARAMETER2

初期化パラメータを確認する際は、show parameterコマンドか、動的パフォーマンスビュー V$PARAMETER を検索しますが、これだとひとつのパラメータに対して複数の値が入るものはカンマ区切りで出力されます。そこで今回は V$PARAMETER2 を紹介したいと思います。
ORACLE

Oracle Database DBセッションの強制切断方法 kill session

データベースのメンテナンス時に、DBセッションが残っているとメンテナンスが出来ない場合があります。そんな時にDBセッションを強制的に切断する方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database AWRレポートの取得方法

Oracleの性能分析ツールで無償なのはStatspackですが、有償のDiagnostics Packライセンスを購入することで使用できるのが、Statspackよりも高機能なAWR(Automatic Workload Repository)です。
ORACLE

Oracle Database 大量のテストデータを簡単に作成する方法

Oracle Databaseの性能テストをする際に、大量のテストデータが必要になる場合があると思います。そんな時にアプリケーションを作成するのは時間がかかりますし、データを用意するのも大変なので、今回はプロシージャを使って、簡単に大量のデータを作成する方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database データディクショナリ名の検索方法

Oracle Database でデータディクショナリから情報を得たい時、「あのディクショナリ名なんだっけ・・・?」と思う時があると思います。Oracle上には、データディクショナリ名を保持しているテーブルが存在しているので、今回はそのテーブルと検索方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Enterprise Manager 13c Linuxへのインストール手順

ブラウザから性能をグラフィカルに見れるOracle Enterprise Manager は非常に便利です。インストールするのに手間はかかりますが、性能参照以外にも、DBに対する各操作も出来ますので、インストール後の便利さは格段に違ってきます。
ORACLE

Oracle Database でNFSを利用する際のマウントオプションについて

Oracle DatabaseサーバへNFSマウントする際、正しいmount optionを設定しないとOracleはORA-27054を出力しますので、Oracle用のマウントオプションを紹介します。
ORACLE

Oracle RMANバックアップの速度確認方法 V$RMAN_BACKUP_JOB_DETAILS

RMANバックアップログを確認して、サイズや秒間読み書き量を確認する方法もありますが、動的パフォーマンスビュー V$RMAN_BACKUP_JOB_DETAILS を確認することで、RMANバックアップに関する様々な情報を参照することができます。
ORACLE

Oracle Database 19c Linuxへのインストール手順

Oracle Database 19c をLinuxにインストールする手順を紹介します。今回はOracle Databaseのソフトウェアインストールとサンプルデータベースを作成してみます。