ORACLE

ORACLE

Oracle Database SQL*Plusのspool文でファイルに追記する方法

SQL*PlusでSQL実行結果をファイルへ出力する際に使用するのがspool文です。 spool文はデフォルトでは上書きされるので、既存ファイルに追記する方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database SQL*Plusの区切り文字を変更する方法

SQL*PlusでSELECTをする際のデフォルトの区切りはスペースです。今回はこの区切り文字を変更する方法を二種類紹介します。
ORACLE

Oracle Database SQL*PlusからLinux OSコマンドを実行する方法

SQL*Plusプロンプト上で作業している時にLinuxコマンドを打ちたい時、わざわざexitしてOSコマンドを実行するのは面倒ですし時間の無駄です。 今回はSQL*Plus上からOSコマンドを実行する方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database リスナーログの場所(11g,12c,18c,19c)

Oracle Databaseに接続できない場合にまず疑うのがリスナーです。リスナーはOracleへの橋渡し役で、ログには接続元IPやどのプログラムから接続されたのかなどの情報が残っています。今回はリスナーログファイルの場所を説明します。
システムエンジニア

【保存版】システムエンジニアの僕が使った昇進レポートをお見せします。

IT業界の大部分の会社内では、昇進するためにレポート提出が課されるのではないでしょうか。今回はそんなシステムエンジニアで役職に就くために必要なレポートとして、実際に私が会社に提出したレポートをサンプルとして載せてみます。
ORACLE

Oracle Database SQL*Plusプロンプトにネットサービス名を表示させる方法

SQL*Plusでtnsnames.oraを使用してOracle Databaseに接続して作業する際、接続しているネットサービス名を確認したい場合があると思います。今回はSQL*Plusのプロンプトにネットサービス名を表示させる方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database 接続に使用するtnsnames.oraとは

Oracle Databaseの接続にする際に使用するのがtnsnames.oraです。今回はOracle Databaseへの接続情報を設定するtnsnames.oraの場所、設定内容の説明、使用方法を紹介します。
MySQL

OracleとMySQLの比較一覧まとめ

Oracleから学習し始めるとMySQLを始めた際に、呼び方や機能、コマンドの違いを理解するのが大変だったので、比較した結果を一覧にまとめてみました。
ORACLE

Oracle Database SQL*Plusプロンプトにユーザー名を表示する方法

SQL*PlusでOracle Databaseに接続し作業する際、接続ユーザーを確認したい場合があると思います。今回はSQL*Plusのプロンプトにユーザー名を表示させる方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database プラガブルデータベース(PDB)名の変更方法

Oracle 12c からの機能であるプラガブルデータベースでは、PDBの名前を変更できます。今回はPDB名の変更方法を紹介します。