Linux

システムエンジニア

【保存版】システムエンジニアの僕が使った昇進レポートをお見せします。

IT業界の大部分の会社内では、昇進するためにレポート提出が課されるのではないでしょうか。今回はそんなシステムエンジニアで役職に就くために必要なレポートとして、実際に私が会社に提出したレポートをサンプルとして載せてみます。
Linux

Linux topコマンドでCPU使用率をコア別に見る方法

Linuxの性能を簡単に見るのに手っ取り早いのがtopコマンドです。デフォルトの表示だとCPU使用率は全てのコアがまとめられて性能が表示されてしまうので、コア別に性能を表示する方法を紹介します。
Linux

Linux 過去に実行したコマンドの検索方法2つを紹介

Linuxで過去のコマンドを再実行したい場合や、過去にどのようなコマンドを実行したかを確認した場合があると思います。今回は、コマンド履歴を検索する方法を2つ紹介します。
Linux

Linux historyコマンドの履歴数を増やす方法

Linuxのhistoryコマンドの履歴数のデフォルトは1000コマンドです。過去のコマンドをできるだけ残しておきたい時や、誰かがミスした時のためにコマンドの履歴を残しておきたいケースはあると思います。コマンド履歴数を増やす方法を紹介します。
Linux

Linux dstatのおすすめオプションで性能を見る

Linuxの性能をリアルタイムで見る時、vmstatコマンドだと物足りず、sarコマンドだと情報が出過ぎてしまう。。。そんな時に便利なのがdstatコマンドです。今回はdstatコマンドのおすすめオプションと、表示項目の説明を紹介します。
Linux

Linux上で実行しているプロセスのメモリ量を確認する方法

Linux上で実行しているプロセスのメモリを確認する2つの方法を紹介します。
Linux

Linux メモリのキャッシュとバッファを解放する方法

Linuxサーバはメモリを効率的に使うために、各プロセスが必要としているメモリを割り当てた後は、残りのメモリをバッファとキャッシュに割り当てます。今回は、他の何かのプロセスがメモリを大量に消費していて、これをクリアしたい場合にOSを再起動せずにキャッシュを解放する方法を紹介します。
Linux

VirtualBoxのVMにOracle Linux8をインストールしてSSHで接続する手順

Oracle LinuxとはRedHat Enterprise LinuxやCentOSと互換性のあるOracle社のLinuxディストリビューションです。今回は、Oracle Linux8をVirtualBoxで作成した仮想マシンにインストールし、最終的にSSH接続する方法を紹介します。
Linux

Linux sarコマンドでファイルに性能情報を保存する方法

様々な性能情報がレポートできるsarコマンドですが、デフォルトの設定では10分間隔なので細かく性能を見ることが出来ません。 性能試験中だけ間隔を短くして、性能情報をファイル保存して、後でじっくり分析したい時に役立つ、sarのファイル出力について紹介します。
Linux

Linux sarコマンドの取得間隔を変更する方法

様々な性能情報がレポートできるsarコマンドですが、CentOSのデフォルトの設定では10分間隔なので、瞬間的な性能分析が出来ません。今回は、sarのデフォルト取得間隔10分を変更する方法を紹介します。