Linux

Linux ディレクトリ階層を確認できるtreeコマンドの使い方

ディレクトリツリーを確認したい時、Linuxではtreeコマンドが用意されています。treeコマンドはWindowsのコマンドプロンプトでも使えます。
Linux

Linux Dnsmasqで簡単にDNSサーバを構築する手順

DNSサーバソフトウェアと言えばBINDだと思いますが、BINDの導入と運用は非常に面倒です。そこで今回はシンプルで管理も簡単なDNSサーバーソフトウェアDnsmasqを紹介します。
Linux

Linux CentOS7にMySQL 8.0をインストールする手順

手頃なRDBMSといえばみんな大好きMySQLです。今回はLinux(CentOS7)に、MySQL8.0をインストールする手順を紹介します。
Linux

Linux shredコマンドでデータを安全に消去する方法~情報漏えい対策に~

最近ニュースにもなっていましたが、サーバのデータ消去はHDD廃棄時には必須です。データ消去をする専門会社への依頼も、あのニュースがあってからではHDDを引き渡すことすら心配ですよね。今回はLinuxでのデータ消去方法を紹介します。
Linux

Linux ディレクトリやファイルを別ホストへ圧縮・解凍しながらコピーする方法

大量のデータを別ホストへコピーしたい時にNW帯域が細い場合、データを圧縮してから別ホストへコピーをすると思いますが、圧縮・コピー・相手先での解凍を行いますが、ひとつずつコマンドを叩いているととても非効率です。
ORACLE

Oracle Database 初期化パラメータが劇的に見やすくなる V$PARAMETER2

初期化パラメータを確認する際は、show parameterコマンドか、動的パフォーマンスビュー V$PARAMETER を検索しますが、これだとひとつのパラメータに対して複数の値が入るものはカンマ区切りで出力されます。そこで今回は V$PARAMETER2 を紹介したいと思います。
ORACLE

Oracle Database DBセッションの強制切断方法 kill session

データベースのメンテナンス時に、DBセッションが残っているとメンテナンスが出来ない場合があります。そんな時にDBセッションを強制的に切断する方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database AWRレポートの取得方法

Oracleの性能分析ツールで無償なのはStatspackですが、有償のDiagnostics Packライセンスを購入することで使用できるのが、Statspackよりも高機能なAWR(Automatic Workload Repository)です。
ORACLE

Oracle Database 大量のテストデータを簡単に作成する方法

Oracle Databaseの性能テストをする際に、大量のテストデータが必要になる場合があると思います。そんな時にアプリケーションを作成するのは時間がかかりますし、データを用意するのも大変なので、今回はプロシージャを使って、簡単に大量のデータを作成する方法を紹介します。
ORACLE

Oracle Database データディクショナリ名の検索方法

Oracle Database でデータディクショナリから情報を得たい時、「あのディクショナリ名なんだっけ・・・?」と思う時があると思います。Oracle上には、データディクショナリ名を保持しているテーブルが存在しているので、今回はそのテーブルと検索方法を紹介します。
Linux

CentOS7にPercona Server for MySQL 8.0をインストールする手順

Percona ServerとはPercona社が開発したMySQLに様々な機能を追加し、パフォーマンスを向上させた無償のオープンソースデータベースです。今回はPercona Server for MySQL 8.0をCentOS7にインストールしてみたいと思います。
Linux

VirtualBoxのVMにCentOS8をインストールして、TeraTermでSSH接続する手順

サーバー用途のLinuxとして多く使用されているのは、フリーのディストリビューションであるCentOSです。今回はOracle VirtualBoxにVM機を作成し、CentOS8をインストールしてTeraTermでSSH接続する方法を紹介します。
Windows

VirtualBoxをWindows10にインストールする手順

Virtualboxとは、仮想環境(VM)を立ち上げてLinuxやWindowx等のOSを複数立ち上げることが出来るフリーソフトです。仮想環境は簡単に作成・削除が可能なので、OSのインストールやアプリケーションを簡単に実行やテスト出来ます。
ORACLE

Oracle Enterprise Manager 13c Linuxへのインストール手順

ブラウザから性能をグラフィカルに見れるOracle Enterprise Manager は非常に便利です。インストールするのに手間はかかりますが、性能参照以外にも、DBに対する各操作も出来ますので、インストール後の便利さは格段に違ってきます。
Linux

Linux swap領域の解放方法

メモリリーク等でスワップ領域を使用してしまった時、スワップを使用していたプロセスを終了してもメモリデータはswap領域(ディスク)に存在します。こういった場合に使うswap解放コマンドを紹介します。
Linux

Linux プロセス情報を時間表示付きでログ出力する方法

トラブル発生時等に、プロセスのメモリ使用量やCPU専有度など、その時のプロセス状態を知りたい場面はあると思います。標準のpsコマンドでは取得時間が表示されないので、ログにタイムスタンプを付与したプロセス状態取得コマンドを紹介します。
Linux

rpmコマンドでRPMパッケージの中身を確認するオプション

rpmコマンドはインストールや削除で使うことが多いと思いますが、コマンドやファイルがどのRPMパッケージによって入ったかを確認することが出来ます。rpmコマンドの便利なオプションと使い方を紹介したいと思います。
ORACLE

Oracle Database でNFSを利用する際のマウントオプションについて

Oracle DatabaseサーバへNFSマウントする際、正しいmount optionを設定しないとOracleはORA-27054を出力しますので、Oracle用のマウントオプションを紹介します。
Linux

Linuxでのメモリ情報確認方法とfreeコマンドの見方

Linuxサーバーでメモリの情報を取得する際のコマンドを紹介します。合わせてfreeコマンドの見方についても説明します。
Linux

Linuxでのカーネルバージョン確認方法

CentOS(Redhat系)のLinuxディストリビューションは、「uname -r」コマンドでカーネルバージョンが確認できます。各ディストリビューション毎のコマンドを紹介します。
Linux

LinuxでのOSバージョン確認方法

entOS(Redhat系)のLinuxディストリビューションは「/etc」配下のディストリビューションバージョンファイルをcatすれば確認できます。各ディストリビューション毎のコマンドを紹介します。
Linux

LinuxでのCPU情報確認方法

LinuxサーバーでCPUの情報を取得する際のコマンドを紹介します。基本的にはlscpuコマンドで十分かと思いますが、/proc/cpuinfo を見る方法もあります。
ORACLE

Oracle RMANバックアップの速度確認方法 V$RMAN_BACKUP_JOB_DETAILS

RMANバックアップログを確認して、サイズや秒間読み書き量を確認する方法もありますが、動的パフォーマンスビュー V$RMAN_BACKUP_JOB_DETAILS を確認することで、RMANバックアップに関する様々な情報を参照することができます。
ORACLE

Oracle Database 19c Linuxへのインストール手順

Oracle Database 19c をLinuxにインストールする手順を紹介します。今回はOracle Databaseのソフトウェアインストールとサンプルデータベースを作成してみます。
ORACLE

Oracle データポンプ(datapump)停止方法

データポンプはバックグラウンドで実行されるため、[Ctrl+C]では停止できません。巨大なデータをexpdpした時に、パラメータ間違い等で停止する際には一連の停止手順が必要となります。今回はデータポンプの停止手順を紹介したいと思います。
ORACLE

Oracle Clientイメージファイルを使用してLinuxに簡単にインストールする手順

Oracle Clientのインストールは従来までは手順が多く時間がかかっていましたが、19c以降ではOracle Clientのイメージファイルが提供されインストール作業が簡素化されました。簡素化されたインストール手順を紹介したいと思います。
システムエンジニア

【2019年】データベースソフトウェアの動向

フリーランスエンジニアとして働いてると、お客さんからIT業界のトレンドを聞かれる事が結構あります。という事で、今回は2019年10時時点でのデータベーストレンドを紹介します。
フリーランス

フリーランスエンジニア三種の神器

フリーランスエンジニアは創業資金もランニングコストも低いですが、仕事をするためには必須なアイテムがあります。私も実際に使用している「これだけあればフリーランスとして仕事ができる三種の神器」を紹介したいと思います。
フリーランス

フリーランスエンジニアは仕事がない状況を作らなければいい

フリーランスエンジニアになりたいけど、続けていけるか不安だと思っていませんか?答えは意外と簡単で、仕事がない状況を作らなければいいのです。私自身フリーランスになり年収も1000万円を超えたので、生き残るためのポイントを紹介しようと思います。
システムエンジニア

ブラック企業で働いているSEって何考えてるの?

ブラック企業に勤めるSEはなぜ辞めないのか。かく言う私もブラック企業でSEとして働いていたので、経験を基に過酷な現場でなぜ働き続けるのかを語ります。また、ブラック企業の抜け出し方も書きたいと思います。